交通事故における刑事裁判と民事裁判の違い

刑事裁判と民事裁判の違い

交通事故における裁判は詳しく分類していくと様々な物があるのですが大きく分けてしまえば刑事と民事の二つに分けられます。
 刑事事件を取り扱う刑事裁判においては、飲酒運転や過失致死などの刑法上の問題が問われ、民事においては賠償問題が問われることになります。

刑事裁判の場合

 刑事と民事、この二つは似て異なる物であり、前者の場合訴えかるか訴えないかは検察が決める事ですし、逃亡の恐れありとみなされた場合などは留置所にて拘束されることになります。
ここで良く勘違いがあるのですが、逮捕されたからと言って留置所等に入るというわけでは無く、警察が逃亡の恐れなしとみなした場合は警察署で事情を聴き帰宅、そして裁判の日まで家で待つという形式になります。
事故の場合、ほとんどの方は悪意があったわけでは無いので、こういった帰宅という形式が取られる場合も珍しくはありません。

民事裁判の場合

 後者の民事は、個人間ないしは加入している保険会社が起こすもので、相手に対して物や怪我などの賠償を求めたり、逆に言い掛かり的な請求に対して反論するなどを行う形式になります。
 このように民事と刑事はまったく性質が異なる物なのですが、交通事故の場合この二つが密接に関係してくる事案も存在します。

刑事と民事が同時に絡むケース

 具体的には、警察の捜査においては過失なしとみなされたけれど遺族は納得しない、という場合は遺族は民事で相手の過失を認めさせることが出来ますし、刑事での判断がその後の賠償請求に関わってくるため民事での賠償額に影響するという事もあります。
 また、多いとは言えないのですが、刑事事件として過失ありとされた加害者がそれは不当であると、警察や国に対して民事をおこす場合などもあり、この二つのは時には密接に関係しあう関係に有るのです。