交通事故の賠償の仕組み

日本の交通事故発生状況

交通事故は出来るだけ避けて通りたい災難ですが、ご存知のように年間の事故発生率はとても高いものです。
車の運転をする方なら、誰でも一度はヒヤリとした経験があるのではないでしょうか。
免れたいけれど、いざと言う時に何が起こるか分からないものが「事故」です。

賠償が行われるケース

それでは交通事故の被害者・加害者になった時の賠償はどのように行なわれるのか整理しておきましょう。
まず事故が発生した場合、賠償とは何に対して行なわれるのでしょうか。
よく知られているものが、第一に被害者の治療費です。
事故による怪我で通院するはめになった場合、そこにかかった経費を賠償しなければなりません。
同時に、怪我による損害として仕事の休職期間の賃金などがあります。
事故を起こしたことで失われた賃金への責任が発生するのです。
これを「休業損害」と言います。

争われる損害の内容

その他にも、事故によって得た苦痛に対して支払われる慰謝料や、被害者が自転車などに乗っていた場合に破損した「物」に対する責任が発生します。
大きく分けて交通事故による損害請求はこのようなものになされるのです。
その中でも細かく説明しますと、治療費の中には入院からリハビリ、そして通院費用なども計上されます。
あなたが事故の被害者になった場合、行く行くはこれらにかかった額を請求することを考慮するなら請求書を手元に残しておきましょう。
もちろん、基本的に請求できる項目は決まっているものですが、実際に支払われる項目や金額は、事故によって様々です。
過失の割合も含めて、事故状況を考えなければなりません。
最終的には保険会社や弁護士の力を借りて処理する必要があります。
事故に見舞われた場合は一刻も早くそれらの方々と連携して処理しましょう。